--
----
--
tb* -
com*-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014
0719
Sat
tb* 0
com*0

舞鶴の旅 1日目 その2(舞鶴)

福知山から東舞鶴に移動。

写真が多いので、記事を分けました。

舞鶴線

福知山駅から舞鶴線。
舞鶴線は、綾部~東舞鶴が正式な区間だけど運行上は福知山発が多い。
写真は東舞鶴駅にて。

東舞鶴ホーム



東舞鶴ホーム

こっちは反対ホームに停まってた小浜線。

東舞鶴ホーム

福知山駅もそうだったけど、ここも高架駅になってる。
着いたら結構雨が降ってた。

東舞鶴ホーム

東舞鶴駅

駅舎。
雨が強かったのでどうしようかと思ったんだけど、少し駅で雨宿りしてたら止んでくれた。

東舞鶴駅舎東口


東舞鶴駅舎

目の前にケーズデンキがある。

東舞鶴駅舎ケーズデンキ

先週くらいから海フェスタ京都ってイベントが始まってて、会場である赤レンガ倉庫(旧舞鶴鎮守府倉庫)まで無料のシャトルバスが走ってた。
他に誰も乗る人がいなかったので、貸切状態で赤レンガ倉庫へ。


海フェスタバス

赤レンガパーク

赤レンガ倉庫の並ぶ観光スポット、赤レンガパークはバスで5分程度で到着。

赤レンガ倉庫 バス停から

バス停から地下通路を通って道路を渡る。

赤レンガ倉庫 バス停連絡通路

駐車場が海フェスタ会場になってて、出店が出てる。
雨降ったせいか、人はちょっと少なめ。

赤レンガ倉庫 フェスタ会場

各赤レンガ倉庫にはこんな碑が立ってる。
二号棟は「旧舞鶴海軍兵器廠予備艦兵器庫」となってる。

赤レンガ倉庫 重文碑



赤レンガ倉庫

海フェスタの展示物だが、マニアックすぎる。
日立造船の防水扉w

日立 防水扉

この辺りには赤レンガ倉庫の2~5号棟が並んでる。写真は3,4,5号棟だと思う。

赤レンガ倉庫

東舞鶴食べあるきMAPスタンプラリー

Webで知って、せっかく飯食べるならこれやりながらにしようと、挑戦してみた。
ちなみに参加は200円。
スタンプ2個なので結構すぐw

食べあるきスタンプラリー

肉じゃが丼

さっそく赤レンガ倉庫内にある喫茶店のcafe jazzで肉じゃが丼を食す。
肉じゃがは舞鶴か呉が発祥の地とされてて、どっちかわからないので、どっちも元祖を名乗ってる。
この肉じゃが丼、見た目は牛丼。味も若干牛丼っぽいような気もしたのは、紅しょうがのせいだろうか。



肉じゃが丼

2時ころだったので、それなりに空いてた。
ちなみに翌日は昼飯を食べようと寄ったんだけど、並んでたので諦めた。

cafe jazz

ドック石

ドックに使われてた石らしい。
「ドツク石」って書かれてるので、何をど突くんだよ、と思ってた。

赤レンガ倉庫 ドツク石

赤レンガ倉庫 3号棟

いつもやってるのかは分からないけど、土産屋があった。
海上自衛隊コーナーも。
ここで湯のみ(旧海軍の艦艇名が羅列されてる有名なやつ)があったので購入しておいた。
そしたらスタンプが貯まったので、スタンプラリーの賞品舞鎮グッズ(携帯レンズクリーナー)をもらった。

赤レンガ倉庫 土産屋

これも自衛隊コーナーw

赤レンガ倉庫 土産屋

舞鶴海軍カレー。
翌日、帰る際に寄って、買って帰った。

赤レンガ倉庫 土産屋

赤レンガ倉庫 4号棟

ここは展示コーナーになってて、海とか船にまつわるマニアックなものが展示されてた。

赤レンガ倉庫 展示場


赤レンガ倉庫 展示場


赤レンガ倉庫 展示場

たしか気象庁のブースだったと思うんだけど、深海にカップヌードルのカップが水圧でどうなるかを展示してた。
触ることもできるんだけど、圧縮されて超小さく、固くなってた。

赤レンガ倉庫 展示場

ここもたぶん気象庁ブース。

赤レンガ倉庫 展示場

赤レンガ倉庫

再び外に出て散策。
港沿いの方にはベンチやらパラソルやらが出てたんだけど、雨で使えなくなってしまってた。

赤レンガ倉庫


赤レンガ倉庫

倉庫の目の前にある港。

赤レンガ倉庫 港

向こうには護衛艦が見える。

赤レンガ倉庫 港

赤レンガ倉庫 1号棟

ちょっと離れたところに1号棟がある。

赤レンガ倉庫 博物館

ここは赤レンガ博物館として使われてる。

赤レンガ倉庫 博物館


赤レンガ倉庫 博物館

なぜか新橋駅のレンガが。

赤レンガ倉庫 博物館

1号棟は「旧舞鶴海軍兵器廠魚形水雷庫」。
魚雷の正式名称が使われてるの、初めて見たw

赤レンガ倉庫 博物館

護衛艦

元の倉庫に戻る道すがら、撮影。
レンズを単焦点20mm(35mm判換算 40mm)から標準ズームのレンズに変更したので、ちょっと大きく撮れるようになった。

4301の艦は海自のひうち(多用途支援艦)。
奥に見える425は補給艦のましゅう。でかい。
その左に見えるのはおそらくみょうこう。翌日乗艦することになる。

赤レンガ倉庫 港

こっちはドックかなぁ?

赤レンガ倉庫 港

倉庫の裏手のあたりで見かけた張り紙。

猫を捨てないで

赤レンガ倉庫 5号棟

5号棟は歴史展示。
手前にある赤い箱は救命艇。

赤レンガ倉庫

中に入る前にみたらし団子(丹後の団子って書かれてた)食べる。

赤レンガ倉庫 だんご

歴史展示は古い時代から太平洋戦争後あたりまでが対象。
入り口近くにあったのは舞鶴のお祭り。

赤レンガ倉庫 歴史展示


赤レンガ倉庫 歴史展示

東郷平八郎書。
日露戦争での有名なアレね。

赤レンガ倉庫 歴史展示

艦船模型もいくつか展示されてた。
結構でかいからフルスクラッチで造られたやつじゃないかな。
これは冬月。

赤レンガ倉庫 歴史展示


赤レンガ倉庫 歴史展示

陽炎型の野分。超精密。

赤レンガ倉庫 歴史展示

京都府のゆるキャラコーナー。
舞鶴は右奥のかに。チョキまる。

赤レンガ倉庫 ゆるキャラ

赤レンガロード

駐車場までの道の脇にも赤レンガ倉庫が並んでるんだけど、ここは立ち入りはできないようになってる。
昔のまま放置されてるのかも。

赤レンガ倉庫 古い方

塗りつぶされてるのが何か不気味だ。

赤レンガ倉庫 古い方

反対側から。苔むしてる。

赤レンガ倉庫 古い方


赤レンガ倉庫 古い方

倉庫を抜けると、海自の基地がある。
・・・が、これ以上はいけない。

舞鶴 自衛隊基地

ここからも護衛艦が見える。

舞鶴 自衛隊基地

バス停に戻る途中、レール跡があることに気づいた。
昔は、物資輸送のために列車が各倉庫まで来れるようになってたのかな。

赤レンガ倉庫 古い方 線路跡

舞鶴東港

バスで一旦東舞鶴駅に戻り、ロッカーに入れておいた荷物を出してから、タクシーで宿へ。
宿は、港に面したホテルだったので、晩飯食べに行く途中で港を撮影。
舞鶴湾は内海になってるので、波は非常に穏やか。

舞鶴ホテル近く 夕景

夕焼け。


舞鶴ホテル近く 夕景


舞鶴ホテル近く 夕景

カヌーの練習してる人たちがいた。



舞鶴ホテル近く 夕景

カメラのエフェクトを掛けてみた。


舞鶴ホテル近く 夕景


舞鶴ホテル近く 夕景

晩飯


宿から10分ほど歩いて最初に見つけた海の幸を食べられそうなお店へ。



舞鶴ホテル近く 夕食

刺し身と天ぷらの定食。
味も量も満足した。


舞鶴ホテル近く 夕食

帰り際に再び港を撮影。

明かりが煌々としてるのは、荷の積み下ろしとかをやってるからだろうか。
このときはレンズを再び単焦点レンズ(LUMIX G 20mm/F1.7)にしてたけど、さすがに明るいレンズだけあって、
手ぶれ補正なしでもそれなりに写ってくれた。

舞鶴ホテル近く 夜景

宿に戻って、食後の甘いものとして梨汁プシャー味のふなっしーコロン(小田原で買ったやつだがw)を食べて早めに就寝。



ふなっしーコロン


関連記事
スポンサーサイト
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。