--
----
--
tb* -
com*-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014
0627
Fri
tb* 0
com*0

【Book】宮城谷昌光  楽毅(1)


楽毅〈1〉 (新潮文庫)楽毅〈1〉 (新潮文庫)
(2002/03/28)
宮城谷 昌光

商品詳細を見る


古代中国の戦国期、「戦国七雄」にも数えられぬ小国、中山国宰相の嫡子として生まれた楽毅は栄華を誇る大国・斉の都で己に問う。人が見事に生きるとは、どういうことかと。諸子百家の気風に魅せられ、斉の都に学んだ青年を祖国で待ち受けていたのは、国家存立を脅かす愚昧な君主による危うい舵取りと、隣国・趙の執拗な侵略だった。才知と矜持をかけ、若き楽毅は祖国の救済を模索する。



1巻を読了。

この本は、以前大学時代の友人にオススメされて、結構評判も高いようなので期待してたんだけど、1巻を読む限り評判通りおもしろい。
宮城谷昌光の本は若干当たり外れがあるからね。

古代中国の戦国時代が舞台で、斉の国に孟嘗君がいる時代。
孟嘗君はこれも宮城谷昌光に小説化されてるので、読了済み(内容忘れたけど)。

「中山」ってかなりマイナーな国な気がするけど、名前が国名っぽくないせいだろうか。
他の国(斉とか秦とか楚とか)は基本的に一字の国名なのに。

ちなみに、「中山」というと、三国志で劉備が「中山靖王の末裔」と言ってるのを思い出した。
劉備が言ってるのは漢の時代の地域名っぽいからちょっと違うだろうけど、平原あたりにあった国なので。

関連記事
スポンサーサイト
Book
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。